見える部分が一部欠けている(視野欠損)

緑内障などの視神経の病気や、網膜の動静脈閉塞などの網膜の病気、脳梗塞などの頭蓋内の病気で生じることがあります。

視野欠損があっても、普段は両眼で物をみているため、症状に気づきにくいことがあります。

特に緑内障は、気づいたときには視野欠損が進行している場合があり、一度欠損した視野を治すことは困難であるため、早期発見が大切になります。

光が見えたらボタンを押す検査(視野検査)を行うことで、視野欠損の範囲や程度を評価することができます。視野欠損の代表的な疾患:緑内障、視神経炎、網膜の動静脈閉塞、脳梗塞