院内設備

検査室

オートレフケラト/トノ/パキメーター(ニデック社 トノレフⅢ)

眼科での基本検査である屈折検査や眼圧測定がこの一台で行えます。患者様の移動や顎の位置合わせの負担も最小限ですみます。

 

 

3次元眼底像撮影装置(トプコン社 3D OCT-2000)

高画質なカラー眼底カメラと光干渉断層計(OCT)が一体化した機械です。眼底カメラでは眼の奥の写真を撮影することで、網膜の出血や血管の状態を確認します。OCTは黄斑疾患や緑内障の評価に有用です。

 

 

静的視野計(コーワ社 AP-7000)

光が出たらボタンを押すことで、見えている範囲(視野)を自動で測定します。緑内障の診断や進行評価に用います。

 

 

動的視野計(イナミ社 ゴールドマン型ペリメーター)

検査員が外側から光をゆっくり動かし、見えたらボタンを押すことで測定する視野計です。緑内障だけではなく、視神経疾患や頭蓋内疾患の検出にも有用です。手動の検査のため、自動での検査が難しい方の評価も可能です。

 

視力計

通常の視力表に加えて、絵視力を用いることでお子様の視力検査も可能です。

 

その他、石原色覚検査、立体視検査、目の度数を手動で測定するスキアスコープなどの検査器具も扱っています。

また、眼底のレーザー治療にも対応しています。