ドライアイ

〇ドライアイとは何ですか?

2016年のドライアイの定義としては、「さまざまな要因により涙液層の安定性が低下する疾患であり、眼不快感や視機能異常を生じ、眼表面の障害を伴うことがある」とされています。

診断基準は

  1. 眼不快感、視機能異常などの自覚症状
  2. 涙液層破壊時間(BUT)が5秒以下
  3. 2.の両者を有するものをドライアイと定義しています。

〇ドライアイがあるとどのような症状が出ますか?

●目が乾いた感じがする、目が疲れる、かすむ、目がごろごろする、目が痛い、目がしみる感じがする、 目が赤い、目ヤニが出る、まぶしいなどの症状が出ます。

〇治療を教えてください。

●点眼薬が数種類ありますので、症状緩和のために用います。また、涙点プラグで涙点をふさぐことで、目に涙をためるようにする治療もあります。

〇普段の生活で注意することはありますか?

●長時間パソコンやスマホを見続けていると、無意識に瞬きの回数が減ってしまうこともありますので、適度の休みを取ることが大切です。また、加湿器を用いたり、ドライアイ用眼鏡で目の周りを覆うことで眼の保湿を図ることもできます。目を温めることも有効と考えられています。