物が二重に見える(複視)

二重に見える症状の中には、片眼で見ても二重に見える場合(単眼性複視)と両眼で見た時だけ二重に見える場合(両眼性複視)があります。

単眼性複視の場合は、片目を隠して片目ずつで見ても二重に見えます。

単眼性複視の代表的な疾患:乱視、白内障など

両眼性複視の場合は、目の位置がずれてしまうことで二重に見えている事が考えられます。通常は両眼で見たときには物が一つにみえているはずなのに、右目と左目で違うものを見ている(斜視がある)ため、二つに見えてしまいます。急に起こった場合には、頭蓋内の病気で眼を動かす筋肉が麻痺してしまった可能性もあり、脳神経外科などとの連携が必要になります。

両眼性複視の代表的な疾患:外斜視、内斜視、上下斜視など