小児の近視

下のイラストのように、調節(目のピント合わせ)をしない状態で遠くからの光が網膜に結像していれば正視といいます。
この場合は遠くが良く見えます。

近視とは眼に入る光が網膜の手前で結像する状態です。
裸眼で近くは見えますが、遠くは焦点が合わずぼやけて見えます。

また、真の近視ではなく、一過性に近視のように見える状態になることがあります。
これは、水晶体の厚みを調節する毛様体筋が過度に緊張した状態で、水晶体が厚くなって網膜より前に焦点を結ぶので、偽(いわゆる仮性)近視とも呼ばれます。

〇近視になる原因は何ですか?

大きく分けると、遺伝因子環境因子があります。

眼鏡での矯正ができないくらいの強い近視には、遺伝的な影響が大きい事が知られています。
両親あるいは片親が近視の子供で近視の発生率が高い報告や、弱度近視の遺伝子も発見されています。

近視になるかならないかは、遺伝が重要な因子である一方、環境因子も関連すると考えられています。

環境因子としては、従来から近業(近くを見る作業)が考えられていました。
最近では生活スタイルの変化から、近業の様式が変わり、学童・生徒によるパソコンやスマートフォンの長時間の使用が問題視され始めています。

〇近視になるとメガネが必要でしょうか?治す事はできませんか?

一般的には教室の後ろの席から黒板の字を見るためには両眼で0.7以上必要と考えられます。0.3以下ですと、一番前の席からでも見えません。
特に高学年では黒板の字も小さくなりメガネが必要になる機会が増えると思われます。

近視は眼球の奥行(眼軸)が長いことが原因ですので、これを縮めることはできず、治す事はできません。外科的な近視矯正手術(LASIKなど)で裸眼視力を向上させる事はできますが、小児には適応はありません。


ただし、偽(いわゆる仮性)近視に関しては、緊張によって一時的に起こっているだけですので、取り除くことが可能です。

〇眼鏡を作る時に、目薬を使ってより詳しい検査が必要と言われました。どうしてですか?

特に10歳未満のお子様の眼は調節力(ピントを合わせる力)が強いため、調節力が原因で近視が通常よりも強く測定されている場合があります。
その場合は調節力をとる点眼液を使用する等、正確な屈折を調べて眼鏡を作成する必要があります。

当院ではサイプレジン点眼液を用いての精密な眼鏡処方を行います。


点眼液の効果が出るまでに1時間程度かかりますので、通常よりは時間のかかる検査になります。原則的に、予約で行わせていただきます。


目薬をさすとおこる目の変化
調節できないようになっているため、物を見ようとしてもピントが合わせにくくなり、ぼやけます。特に近くが見にくくなり、老眼のようになります。(調節麻痺作用)
瞳孔(ひとみ)が大きくなり、光にあたるとまぶしく感じます。(散瞳作用)

※個人差がありますが調節麻痺作用は3~4時間後より回復に向かい、10~24時間後には元に戻ります。散瞳作用は8~24時間後より回復に向かい、2~3日後には元に戻ります。


保育園、幼稚園や小学校をお休みする必要はありませんが、大切なご予定の直前は避けたほうが良いかもしれません。

度数の合っていない眼鏡を装用することが目の負担になりますので、眼科で精査をしてから装用を開始することをお勧めします。

〇近視が進行するとなぜ悪いのでしょうか?

近視は、メガネなどで矯正すれば視力が出るものとして、これまであまり問題視されませんでした。
しかし、近視が将来の目の病気の罹患率に与える影響が大きい事が分かりました。

以下は近視度数と眼疾患のオッズ比(罹りやすさ)です。

近視度数白内障緑内障周辺部網膜変性網膜剥離近視性黄斑症
弱度近視  (-1 to -3D)2倍  4倍  6倍3倍2倍
中等度近視 (-3 to -6D)3倍4倍18倍9倍10倍
強度近視 (>-6D)5倍14倍40倍22倍41倍
                                Flitcroft. Prog Retin Eye Res. 2012参照

このように、近視がある方が、色々な病気の罹患率が高まることが分かります。

子供たちが生涯にわたり、良好な視力を維持するためには、小児期に近視の発症と進行を予防することが大切と言えます。

〇近視の進行を抑制する方法はありますか?

比較的取り組みやすい方法としては、

①長時間近業をせず、30分~40分に一度は10分程度の休憩をとりましょう。
 背筋を伸ばして目と本は30cm以上は離して読みましょう。


例えば、ノートをとったりする際、前かがみの姿勢になって目が近づきすぎると、その状態でピントが合うように眼球が伸びるため、近視が進みます。

②戸外で日光を浴びながら活動しましょう。


戸外活動の近視抑制メカニズムとしては、光誘導性ドーパミンの関与や、光量などさまざまな因子が考えられています。

メカニズムの一つとして、太陽光に含まれる「バイオレットライト」が関与している可能性が近年発表されました。

バイオレットライトは波長360〜400nm領域の紫色の光で、太陽光に豊富に含まれていますが、LEDや蛍光灯などの照明にはほとんど含まれておらず、ガラスをほとんど透過しないので、室内では浴びることができません。

その研究では、バイオレットライトを浴びることで、「EGR-1」という近視を抑制する遺伝子が活性化され、近視が起こりにくくなることがわかったため、バイオレットライトを活用した眼鏡などが近視進行の抑制に期待されております。

紫外線に注意しながら、積極的に戸外活動を行いましょう。

③勉強をするときや本を読むときは、適度な明るさを保ちましょう。

その他の近視進行抑制の可能性がある方法としては、

①低濃度アトロピン療法


アトロピンは、瞳孔を開く作用や物を見る時のピント調節を麻痺させる効果を持ち、眼科の検査で良く使われる目薬です。
以前から近視の進行を抑制する作用も併せ持つことが知られていました。しかし、瞳孔を開く、ピントを麻痺させる等の副作用が強いため、治療用としては使われてきませんでした。
ところが、最近になってこのお薬を100倍程度に薄めて使う事により、近視進行の予防効果があるだけでなく、副作用も抑えられるという事が分かってきました。 

適応となるお子様:
小学1年生から中学生くらいまで
最近視力が急激に落ちている方
遺伝的に近視が進行しそうな方
近視や乱視以外の病気がない方
目薬に対するアレルギーのない方


使い方:
夜寝る前に両眼に一滴ずつ点眼します。

近視進行が完全に止まる、また治る事はありませんが、シンガポールの研究にて効果や安全性が報告されています。

ご興味のある方は、来院時にお尋ね下さい。

②オルソケラトロジー


夜寝る前に装着して、角膜形状を矯正するコンタクトレンズです。
オルソケラトロジーをすることによって、近視進行抑制効果が得られることがわかってきました。
軽度の近視の方が適応で、強度の近視や他の疾患のある方にはできません。

③多焦点コンタクトレンズ


近年,多焦点ソフトコンタクトレンズを小児期に装用すると、一般的なソフトコンタクトレンズに比べ、眼軸の伸びが抑制されると相次いで報告されました。


日中に装用するため、レンズがずれた場合なども考慮すると、自分で着脱・管理が十分にできる必要があると思われます。

④サプリメント(クロセチン)

近視と関連があると考えられている遺伝子はいくつかあります。そのなかでも、「EGR-1」という遺伝子は、近視進行をおさえる働きを持つといわれています。

そして、EGR-1遺伝子を活性化するものにクロセチンという成分があります。
慶應義塾大学医学部 眼科学教室の近視研究チームが、「EGR-1を活性化する食品成分」を探したところ、「クロセチン」が群を抜いてEGR-1遺伝子を活性化させることがわかりました。

クロセチンは、クチナシの果実やサフランに含まれる黄色の天然色素です。最近ではクロセチンを含むサプリメントも販売されています。